MENU

めのかすみを感じる時は目薬でケア

めのかすみを感じるような時は目を休憩させることも必要ですが、めのかすみをとるために目の瞼のマッサージや目薬を使用してみてもいいでしょう。ですが、目薬も自分の目に合うものを使用しなければなりません。アレルギー体質の人や、花粉に反応して良く目がかゆくなってしまう人であれば目薬の成分で目がかゆくなってしまうこともあるので、眼科できちんと診察をしてもらってから自分の目に良い目薬を処方してもらうようにすると良いでしょう。そうすることで自分の目にあった目薬を手に入れることもできます。目をケアするものはドラックストアで購入することも可能ですが、万が一合わなかったような時は眼科での治療や皮膚科での治療が必要な場合もあります。ですからそういった問題を回避するという意味でも心配な人は眼科で処方してもらうといいでしょう。今までアレルギーがなかった人や、市販のものを使っても安全に使い続けることができたような人であれば良いですが、目はいったん痛みを感じたら仕事にも支障がでてしまうことがあるので注意が必要です。そして、めのかすみは単純に目が疲れているといったことではなく、脳が疲れているということもあります。睡眠不足であったり、脳を休めている時間が少ないような時はめまいを感じてしまうこともありますし、目を開けているのもつらいような時もあるでしょう。ですから目の疲れが脳の疲れと関係していないかどうかということにも注目してみましょう。