MENU

目が疲れないための環境作り

私たちは皆、運動をしたり食生活に気をつけたりして、身体の健康維持に心掛けています。それは、健康が自分自身の身体にとってどれだけ大切な事であるかを知っているからです。もちろん大切な眼は第一感覚として最も重要とされています。現代は眼を酷使する仕事が多く、眼精疲労になるパーセントの数値が最も高い位置を占めています。
どのようにしたら、眼も心身と共に健康で居られるのかをここで考えていきましょう。
まずは、眼精疲労とは何かという事です。
眼精疲労とは非常に一般的な眼の疾患です。眼精疲労を経験する時、各個人によって異なった兆候があります。それは、非常に不快感を与えるものもあれば、何かを見ている間、痛みを覚えるものまであります。眼精疲労は、貴方の眼の筋肉の酷使の為に引き起こされるものです。車の運転やコンピューターの使用、又テレビや読書をしている時でさえ眼精疲労は起こります。視力を使って疲れているという感覚は、眼の毛細の筋を締める事によって引き起こされているからなのです。

 

眼の苦痛や眼精疲労はそれだけの兆候だけには限らず、他の兆候をも引き起こします。
ドライアイ、かゆみ眼、視力障害、頭痛、偏頭痛等、眼精疲労から来るこういった兆候は、なかなかすぐには治す事は難しいですが、眼精疲労を防ぐ事は簡単です。簡単な防止としてまず、視力的問題として、適切なコンタクトや眼鏡を着用する事で眼精疲労を防ぐ事ができます。

 

液晶モニターから来る眼精疲労には、スクリーンから出る光を反射する光がコーティングされた反眩光防止網プロテクターコンピューター専用眼鏡を使用して防ぐ事もできます。眼精疲労を防止するには、まずはその症状にあった防止法を試みてみましょう。そして眼の運動や眼薬等の使用により未然に防ぐ事を常日頃から心掛けておけば、眼精疲労からくる他の兆候や大きな問題を回避する事は可能となるでしょう。