MENU

目が疲れてる時に選ぶ目薬(成分や目薬をさす頻度などの解説)

私の家族はよくパソコンを使用するので目薬は欠かせません。ここでは、今まで私たちが試してきた多くの目薬の種類と用途と効き目について紹介していきたいと思います。
現在、日本の目薬を出している製薬会社は、
◎ロート製薬のアルガードシリーズ
◎参天製薬のサンテシリーズ
◎大正製薬のアイリスシリーズ
◎ライオンのスマイルシリーズ
◎ジョンソン・エンド・ジョンソンのバイシンシリーズ
◎千寿製薬のマイティアシリーズ(武田薬品工業販売)
◎エスエス製薬のスマリンシリー佐藤製薬のノアールシリーズ
◎田辺三菱製薬のアスパラシリーズ、スマートアイシリーズ
◎久光製薬の眼涼シリーズ
◎第一三共ヘルスケアのエージーアイズ、アイルック
◎常盤薬品工業の眼眼目薬、アイエースシリーズの11社が現在の日本の製薬会社の出す目薬の種類の数です
。この沢山の種類の中から自分の今の眼の症状に合った眼薬を探すのは大変です。まずは目薬のタイプと用途を知る事から始めてみましょう。

 

すすぎ点眼液

これは眼の薬物投与をする前にする治療法です。点眼薬をする事で症状の解決策を見つけるのに役に立ちます。

 

ドライアイ点眼液

これはステロイドと抗生物質が中に含まれている点眼薬です。この成分には、眼の感染力を阻止するのに使用されます。又予防の特性を持っているので、目の手術後の伝染病予防薬としても使用されます。この薬は、途中で中断なく、定められた用途の使用用量を守って使い切る事が大切です。もし、途中中断した場合、再発の可能性が大である事を知識として知っておく事は大切です。

 

アレルギー点眼液

いくつか種類がありますが、アレルギー点眼液の成分はヒスタミン拮抗薬か非ステロイド抗炎症剤を含むものが一般的です。眼に入るほこり粒子を噴霧化して、光のマスト細胞応答を抑圧する働きがあります。
自分の症状に合う目薬は、用途成分が記載されている所に眼を向ける事から、始めて見て下さい。