目のかすみ

MENU

目がかすむ病気

目がかすみの原因で病気になるのは、「白内障」「緑内障」「ドライアイ」「ぶどう膜炎」「くも膜下出血」などがあります。
白内障は、加齢が原因で水晶体が徐々に濁り、視野全体が白っぽく見えてきます。その上、周りがフィルターにかかったように見えてしまい、
時間が経つにつれて周囲が見えにくくなり生活に支障をきたします。白内障になった場合は、白く濁った部分を取り、特殊のレンズを入れる白内障の手術が必要になります。

 

緑内障は、視野につながる神経に障害が起こり、長時間かけてゆっくりと視野が欠けていくのに気づくのが難しくなり、
放置したままだと失明する危険がある病気です。最近では、眼圧が高くないのに緑内障になるケースがあり、細心の注意が必要で、30代からの目の検診が勧められています。


ドライアイは、目の保護に欠かすことができない涙が、乾燥や長時間見続ける画面などの原因で涙の量が少なくなり、目の表面が傷ついてしまう病気です。
その症状には、目の乾きや異物感、目がゴロゴロする感覚、目が赤くなったりするなどがあります。ドライアイを防ぐ方法は、まばたきを意識して、1時間経ったら画面から離れるなどの工夫が有効です。

 

 

ぶどう膜炎は、目の周りにある「毛様体・虹彩・脈絡膜」などの組織があり、毛様体が充血をおこしてしまう病気です。
また、転んで怪我をした時の目の外傷や目を手術した後、細菌に感染してくる「外因性ぶどう膜炎」、免疫の反応異常を起こす「内因性ぶどう膜炎」とそれぞれの病気があります。

 

その他に、目がかすむ病気に脳が関係している場合があります。「くも膜下出血」は、30代からでも起きてしまう病気で、目がかすむ症状から始まり、吐き気、今までにない激しい頭痛が起きた時に発症します。

 

目のかすむ病気は、甘く見ないように、日頃から自分が今、長時間何をしているのか、規則正しく生活しているか、目に優しい毎日を送りましょう。