目のかすみ

MENU

目がかすむ症状

現在、パソコンやスマートフォンが普及し、ディスプレイ画面を長時間見続けることが多くなる機会が増えている中、目がかすむ症状を訴える人が多くなってきています。現代人の近代化が進み、物がかすんで見えるようになった経験が若者から高齢者まで広がるようになり、症状の中で、危険性のある目の病気が潜んでいる可能性もあります。

 

 

特に、スマートフォンでのゲームやメールなど文字を打ったり見続けたりすると、まばたきをあまりしない状態で集中しすぎるあまり、目の筋肉が疲れてピントが合わなくなり、目がかすむだけでなく、画面全体がぼやけて見えてしまう経験は、誰にでもあると思います。

 

目がかすむ症状はさまざまで、遠くより近くのものが見えづらいことがあります。例えば、遠く山の景色を短時間で見ても、近くの山を見ようとした瞬間、近くの山の景色にピントが合わず、見づらいので目を細めてしまい、余計、目の周りに力が入り、疲れ目になることがあります。また、山全体を視野に入れようとすると、視野全体が自然とぼやけてはっきり見えなくなったり、
気になる景色を集中して見ようとすると、その一部がぼやけてみえたり、白いフィルターがかかったように見える症状があります。
薄暗い場所での手作業や細かい作業を長時間続けた場合でも、目がかすむ症状があらわれやすく、疲れ目の状態になります。


 

夏は、エアコンを使う機会が多くなり、効きすぎたエアコンの部屋でテレビを見たりすると、まだたきの回数が少なくなり、目がかすんで画面がぼやけて見える症状が現れます。
その他の症状として、ストレスによる自律神経の乱れて目の神経が鈍くなりやすく、
また、目のかすみの症状でも、ウイルスやカビがなんだかの形で目に感染し、免疫力が低下した時にウイルスが活動してしまう「ぶどう膜炎」という症状があります。
目がかすむほかに、目が突然痛みを感じた時は、すばやく受診するようにしましょう。